連日、シリコンバッグの抜去+コンデンスリッチ豊胸の手術が続いています。

今から10年以上前までは脂肪注入という選択肢は無いに等しかったため、豊胸を望む方はシリコンバッグを選ぶしかありませんでした。

その時代にシリコンバッグを入れていた方が現在、バッグの破損やカプセル拘縮、バストの変形などのため、バッグの抜去をされます。

ただ、バッグの抜去に関しては情報が少ないようで、ダウンタイムや傷口の大きさ、傷口の場所など正しい情報を知らない方が多いようです。

バッグ抜去の傷口です。(脇の下)
シリコンバッグ 抜去 傷跡

これは生理食塩水バッグのケースですが、生理食塩水バッグはわざと破くことにより小さい傷口でも取り出しが可能なため、約2cmもあればきれいに摘出することができます。
(シリコンバックの場合は傷口は3cmほどになります。)
生理食塩水バッグ 傷跡

また術後の痛みは挿入時と比較すると、とても楽な経過です。

シリコンバックの形や違和感で悩んでいる方は是非早めに相談にいらしてください。
実際の状態をみてベストなアドバイスをさせて頂きます。