今日は最近大人気の顔(額・頬・法令線)への脂肪注入の紹介をしていきます。

 

顔への脂肪注入という方法は昔からありましたが、18Gという太い針でしか注入出来なかったため細かい調整が難しく、術後の腫れが強くでるというデメリットがありました。

 

3Dセルリフトで注入する脂肪は、自身の脂肪細胞を荷重遠心分離という方法で濃縮させ、脂肪幹細胞の濃度を高めたものです。

 

簡単に言えば、コンデンスリッチ豊胸で胸に注入している良質の脂肪を顔に使用するという事です。

 

この脂肪を更に細かくして、30Gの極細の針で注入出来るようにしたのがマイクロCRFとなります。

 

3Dセルリフトの症例写真が集まってきたので紹介します。

 

術前

顔 脂肪注入 モニタ— 写真

 

術前はこめかみ・額のくぼみ、法令線、目の下のシワシワ感が年齢以上に老けた印象を与えてしまっています。

 

2か月後

顔 脂肪注入 法令線 額 写真

 

改めて比較してみます。

 

術前                      2か月後

顔 脂肪注入 モニタ— 写真顔 脂肪注入 法令線 額 写真

 

明らかに若々しくなったのが分かります。

 

3Dセルリフトのいいところは、目・鼻立ちを変えるわけではないため、顔の印象を変えずに若返りが出来るという事です。

 

とにかく満足度の高い施術になりますので、気になる方は是非相談にいらしてみてください。