連日、シリコンバック抜去&コンデンスリッチ豊胸の手術を行っています。

 

今日の方は、10年以上前に大胸筋下にシリコンバックを挿入していましたが、最近硬さが強くなってきたのと、左右の大きさに違いが出てきたため当院に来院されました。

 

エコーで状態をみてみると片側のシリコンバックが破損している事がわかりました。

 

そのため、シリコンバック抜去とコンデンスリッチ豊胸を行うことにしました。

 

痩せているため脂肪が十分集まるかどうかが心配でしたが、大丈夫でした。

 

術前の状態です。

豊胸 バッグ 破損 拘縮 写真

 

左側のシリコンバックが破損、右側には強いカプセル拘縮があるため左右差が感じられます。

 

豊胸手術 バッグ除去 抜去 写真

取り出したシリコンバックです。

両側に270ccのシリコンバックが入っていました。

 

豊胸 バッグ 抜去 除去 写真

 

右側だけ取り出した所です。

大きなシリコンバックを長年にわたり挿入していたため、周囲の組織(乳腺・大胸筋・肋骨など)がバックに圧排され萎縮してしまい、陥没したような状態になってしまっています。

 

この後にコンデンスリッチファット(CRF)を両側に注入し、とても自然で形の良いバストをつくりました。

 

その状態はまた1か月後チェックの時に掲載します。

 

今日の方も来院されるまではとても勇気がいったと思いますが、喜んでもらえると思います。

 

お疲れ様でした。