当院にはシリコンバッグのトラブルで来院される方が非常に多いのですが、なかでも一番多いのは「破損」しているケースです。

 

破損している場合でも、漏れ出たシリコンをきれいに洗浄することで問題なく施術は出来ます。

 

ただ、中には破損を自覚してからも来院をためらって、病状が進行してからやっと来院される方がいます。

 

一例を紹介します。

 

47歳 女性

 

シリコンバッグ抜去+コンデンスリッチ豊胸

 

来院4ヵ月前に左胸が急に腫れてきて、様子をみていたが、徐々に腫れが悪化してきた為、さすがにまずいと思い来院されたという事でした。

 

術前                     術後

バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸

 

 

術前の写真で左胸が腫れあがっているのがわかります。左胸の皮膚が圧迫により変色してきています。

 

術前                     術後

バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸

 

取り出したシリコンバック           漏れ出ていた内容物のシリコン

バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸

 

 

両方のシリコンバックを除去した状態

バッグ破損 コンデンスリッチ豊胸

 

この方の場合は、皮膚の若干の変色を認めたため、シリコンバッグの抜去とコンデンスリッチ豊胸を分けて行うよう提案しましたが、ご本人の強い希望があったため同時に行いました。

 

かなり痩せ形の方だったため脂肪採取が難しかったですが、最終的にきれいな仕上がりになりました。

 

ご本人にもとても喜んでもらえて良かったです。

 

でも、なるべくならここまでの状態になる前に来院して頂けるとより確実な手術が出来ますので、破損を自覚しているかたはなるべく早めに来院をお願いします。

 

◎シリコンバッグ豊胸やヒアルロン酸豊胸でお悩みの方は、豊胸について正しい情報を解説するホームページ『豊胸・バストアップ徹底解析!』も併せてご覧ください。