プロフィール

東京院副院長 長野 寛史

東京院副院長 長野 寛史 担当:東京院

史上最年少でボディデザインの最高峰であるVASER 4D Sculpt、コンデンスリッチファット療法の認定資格を取得する実力の持ち主。元救急救命医で、外科治療の技術全般を修得。その後、かねてより関心のあった美容医療、なかでもボディデザイン分野を極めるべく、脂肪吸引・豊胸手術のトレーニング機関であるTHE CLINICの門をたたく。
入職後は山川・大橋、両医師に師事していたこともあり、ハイレベルな症例を数多く経験。自身の診療では、状態に合った施術の見極めに定評があり、そういったデータ研究にも意欲的で学会にて論文発表を行う。また、ゲストの満足度を一番に考える姿勢から多くのゲストから信頼を受けており、これらの実績が高く評価され、院長を歴任する。

得意分野
  • 脂肪吸引
  • 豊胸脂肪注入
  • エコー診断

ドクターストーリー

正直にまっすぐに、ゲストの今後の人生を考える。

美容外科医になろうと思ったきっかけは何ですか?

医療に限らず、自分を試してみる性格なので、実力主義で結果がはっきりと分かる美容業界に前々から興味を持っていました。ご縁があって山川統括指導医と出会い、様々なお話をお聞きする中、まだまだ成長することが考えられるこの分野で自分を磨いていきたいと強く思うようになり、美容外科医になることを決心しました。

まだまだ成長することが考えられるこの分野で自分を磨いていきたいと強く思うようになり、美容外科医になることを決心しました

ボディデザインに特化したTHE CLINICを選んだ理由は?

山川統括指導医との出会いが大きいのですが、実は他にも理由があります。
私は、この業界に興味を持ち転身する前に、様々な美容クリニックをリサーチしました。その中で、商売色が強いところが多いようにも感じたのですが、THE CLINICは商業主義でないため、無理なことは無理とゲストに対してきちんと言うことができます。誠実に仕事ができる環境、これが決め手のひとつです。

誠実に仕事ができる環境、これが決め手のひとつです

どのような美容外科医を目指していますか?

目先の効果だけでなく、ゲストの5年、10年後を見越したアドバイスができるドクターになりたいと考えています。そのためにも、カウンセリングを特に重視して、ひとり一人で当然違うと予想される結果を正直に説明するよう意識しています。
このようなこだわりを持ち続け、理想の美容外科医に近づけるよう日々の勉強を怠らないよう心がけています。

カウンセリングを特に重視して、ひとり一人で当然違うと予想される結果を正直に説明するよう意識しています

経歴

  1. 1982年
    岩手県生まれ
  2. 2006年
    東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年
    東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  5. 2013年
    THE CLINIC 福岡院院長 就任
  6. 2015年
    THE CLINIC 東京院院長 就任

資格

  • 日本美容外科学会会員
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医
ベイザーリポ2.0認定証 鈴木 徹
ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。
VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)はトレーニングを受け、認可されたドクターのみが提供できる施術です。THE CLINICのドクターは、全員認可されています。